生駒植木株式会社
〒244-0004
神奈川県横浜市戸塚区小雀町1805
TEL:045-851-1805
FAX:045-852-6068
------------------------------
0
3
9
1
1
7

会社案内

代表者あいさつ

代表取締役 生駒 順
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
2012年5月に新社屋が完成し、同時に4代目の代表取締役社長に就任致しました。
弊社は、初代生駒虎治がここ横浜の地でサツキの生産販売を開始して以来、1世紀にわたり植木生産業・造園業を営んでおります。
先祖から預かった大切な圃場と、先人達が培った技術と伝統を次世代に繋いでいく事が私の使命と思い、日々仕事をさせて頂いております。
今後とも、神奈川県の植木生産の拠点地として、緑化産業を通して社会に貢献して参ります。
 

経営理念

『利他即自利』
~自分を幸福にし、他人も幸福にする。自分の幸福と他人の幸福を 両立させる~
 
私達は、自身の商売だけを考えるのではなく、相手の利益や、広く社会に貢献するという気持ちが自身の利益に必然的につながると考えています。

CSR方針

『生駒植木株式会社は、展開する全ての活動において、より良い環境、安らぎのある空間を提供することにより、地域社会に貢献する企業を目指します。』
 
1.活力のある職場環境をつくります。
2.仕入れや協力会社は地元を優先し、地域経済の発展に寄与します。
3.地球環境保全のために、緑を扱う専門業者として培った知識と経験を活用します。
4.倫理的行動規範の周知徹底につとめ、これを順守します。
5.この活動の有効性を監視し、その成果を改善し続ける努力をします。

会社概要

会 社 名生駒植木株式会社
所 在 地〒244-0004 神奈川県横浜市戸塚区小雀町1805
電話番号045-851-1805
FAX番号045-852-6068
代 表 者代表取締役 生駒 順
設立年月日1919年(大正8年)1月25日
資 本 金20,000,000円
業務内容1.自社圃場内(約15ha)での、各種大径木・緑化樹木・緑化植物等の生産及び販売 2.個人邸、マンション外構、工場敷地、学校施設、ゴルフ場、レジャー施設等の造園工事全般 3.諸官庁発注による造園工事 4.緑地全般の維持管理業務 5.発生材の自社リサイクル 6.上記に付帯する一切の業務
従業員数35人
取引銀行みずほ銀行 大船支店/スルガ銀行 藤沢支店/三菱東京UFJ銀行 大船支店
主要取引先(1)宮内庁 (2)防衛庁 (3)神奈川県 (4)横浜市 (5)清水建設 株式会社 (6)株式会社 大林組 (7)株式会社 竹中工務店 (8)株式会社 紅梅組 (9)西武造園 株式会社 (10)いすゞ自動車 株式会社 (11)学校法人 鎌倉女子大学 (12)鎌倉 浄妙寺 (13)鎌倉 海蔵寺 (14)浄光寺 
所属団体一般社団法人 日本植木協会 一般社団法人 神奈川県造園業協会 一般社団法人 横浜市造園業協会 公益財団法人 かながわトラストみどり財団
有資格者
監理技術者      …9名 1級造園施工管理技士 …9名 2級造園施工管理技士 …4名 1級土木施工管理技士 …1名 2級土木施工管理技士 …4名 2級建設業経理士   …2名
登 録建設業者登録 神奈川県知事 特27第36722号 産業廃棄物収集運搬業許可証 神奈川県 1401120991号               横浜市  第56-00-120991号 特殊肥料生産届出番号    神奈川県 第15-50号 肥料販売業務届出番号    神奈川県 第1141号 防除業届受理番号      平成第054066号

会社沿革

1919年1月 生駒植木商会として、造園材料販売業を主に、従業員10名で発足
1975年1月生駒植木商会株式会社として組織を変え、生駒植木商会時の営業を引き継ぐ
1984年3月生駒植木株式会社と社名変更
2012年5月新社屋完成
2012年9月横浜型地域貢献企業 最上位認定
2014年4月奈良・生駒共同事業体として小菅ヶ谷北公園の指定管理者の指定 (2014年4月1日~2019年3月31日)

交通アクセス

住  所:〒244-0004 神奈川県横浜市戸塚区小雀町1805
アクセス:JR大船駅西口よりバス乗車(約10分) 小雀バス停下車 徒歩0分